スノーウェアの防水スプレー・撥水スプレー

スノーウェアの防水スプレー・撥水スプレー

スノボウェア

スノーウェアを使用していると、防水面や撥水面の機能が多少ながら減退してきます。その際に活躍するのが防水スプレーや撥水スプレー。正しくメンテナンスをしていけば、お気に入りのスノーウェアをより長く着続けることができます。その方法についてご紹介します。

こちらの記事も併せってチェック
防水スプレーはどれがいいの!?おすすめは?効果は?
防水スプレーと撥水スプレーの違いは
撥水スプレーや防水スプレーの効果はあるのか
防水スプレーのメリット・デメリット【防水スプレーは慎重に使う】

 

スノーウェアに防水スプレー・撥水スプレーは効くの!?

そもそも、スノーウェアに対して防水スプレーや撥水スプレーは効果があるのでしょうか。結論を言えば、何もしないよりは効果が期待できます。ただ、その効果は「ある程度の」効き目であり、1回のスプレーのみでそれ以降ずっと効き目が続くということはないでしょう。また、防水スプレーであれ撥水スプレーであれ、その効果をより確実に引き出すためには、使用前にスノーウェアの汚れをしっかり落とすことが不可欠です。スプレーをかけると、ウェア表面に皮膜を作ってカバーし、防水の効果を高めますが、汚れが付いたままだと、この皮膜の中に汚れごと閉じ込めてしまうからです。そうなると、本来落としたい汚れが落ちなくなる可能性があるので気を付けましょう。

 

スノーウェアに使う防水スプレーの種類は?

スノーウェアに使用する防水スプレーの種類には、シリコン系とフッ素系があります。フッ素系は繊維に付着して水滴を弾く効果を生み出し、通気性がキープできますが、効果が持続するのは短めです。一方、シリコン系は繊維の間にある隙間を塞ぐような形で皮膜を形成するので、通気性および透湿性がほとんどなくなり、比較的長く効果が持続します。ここで注意したいのは、シリコン系を使うと通気性が悪くなるということです。つまり、ゴアテックスウェアに使用すると無意味になる可能性が高まるのです。防水スプレーには接着剤の働きをする成分が含まれることがあり、撥水性の効果がなくなった場合に水分を密着させてしまう一因にもなり得ます。そうなると悪影響が出ますので、使用する際は注意が必要です。

 

スノーウェアに使う防水スプレーの量は?

スノーウェアに防水スプレーを使う場合には、適切な使用料を守ることが大切です。間違った量を使うと、思うように効果が期待できません。一般的に、スノーウェアからスプレーを20cmから30cm程度話して、全面が濡れる程度にスプレーします。使用量の目安としては、300mlの防水スプレーを使用するなら、2セット分程度のウェアに対応できます。こうして見ると便利に思える防水スプレーですが、基本的にスプレーのみの使用では、有効成分の定着が弱く、撥水性の効果は一時的に回復するだけです。しっかりとした効果を出すには、防水剤および撥水剤など、専門的な方法で撥水性を高めるメンテナンスをお勧めします。撥水加工サービスを利用すれば、プロの技で手軽に撥水性が高められます。

UPDATE2015.12.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加