梅雨(雨の日)のキャンプの必需品

梅雨(雨の日)のキャンプの必需品

雨の日

キャンプの大敵は雨といっても過言ではありません。楽しみにしていた予定がくずれる可能性もありますし、テントの中に雨が入ってきて水びたしということもあるかもしれません。でもきちんと雨の日の対策をしていれば、楽しくキャンプで過ごすことができます。今回は雨の日のキャンプの必需品をご紹介します。

 

【必需品:タープ】レインフライやタープを先に張る

テントを設営する時に場所選びは重要なポイントです。特に雨が降りそうな、または降っている場合はなおさら水はけが良い場所を探しましょう。大きな木の下(1本だけは落雷の危険あり)は、根が張っていて水はけが良いので適しています。この場合、木が天然の傘の役割をしてくれます。

木などがない場合は、レインフライやタープを利用すると便利です。上手な方法は、レインフライやタープを先に設営してテントを張る作業を行うと濡れずに済みます。特に雨でも風が弱い日は、ブルーシートを敷いて自分もテントも濡れることなく設営することができます。

ここでもう一つ、キャンプといえばバーベキューを楽しみにしている方も多いと思います。タープの下で火をおこせばよいのですが、飛び火で穴が開くことを考えるとなかなか勇気がいります。雨の日のキャンプの場合は、カセットコンロを持っていく方がよいでしょう。

 

【必需品2:ブルーシート】テントの下にも、撤収時にも活躍

雨の日のキャンプの必需品として、ブルーシートがあります。雨の日のキャンプは、思ってもいない場所から浸水する可能性があります。そんな時ブルーシートをテントの下に敷いておくと、テントが汚れる心配もありません。この時テントよりも少し小さくたたんでおくことがポイントです。テントの幅より広くしておくと、溜まった水がテント内に浸水する可能性があるからです。

雨の日のブルーシートのもう一つの利用方法は、キャンプ道具などを撤収する時です。それぞれの収納袋に入れて持ち帰ると、そのまま直しこんでカビの原因になったりします。大きなシートですっぽりと道具をくるんで家に持ち帰った方が、晴れた日に干したり汚れをふき取ったりできるので便利です。

 

【必需品3:シャベル】雨水の通り道を掘るの

雨の日のキャンプの必需品として、シャベルも重要です。雨の日のテントは、ほとんど地面に接しているので、タープをつたって落ちてきた水が溜まったり、水がはけなくなったりと、テント内が浸水する可能性は常に考えておかなければいけません。そんな時テントの周りに浅い溝を掘っておくと、水の通り道になってくれます。もちろんテント周辺で小枝や石を見つけ、それらをシャベルの代用として使用しても構いません。

ただ地面が固かったり、しっかりとした溝を掘りたい場合はシャベルがあったほうが便利です。またテントの周りだけでなく、雨水を誘導する通路などをつくる際にもあったほうが便利ですし、しっかりとした道具を使用することで怪我の防止にも役立ちます。

アウトドア専門撥水加工サービス「ドロップルーフ」

CATEGORY
UPDATE2016.03.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加