ゴアテックスの撥水・防水復活させるには!?

ゴアテックスの撥水・防水復活させるには!?

Orange waterproof textile background  horizontal

登山やキャンプなど、アウトドアが好きな方にとってアウターウェアやグッズは必要不可欠な存在。高級ブランドウェアであれば尚更のこと、良い状態を常にキープしたいと考える人も多いのではないでしょうか。高級ウェアにも採用されるゴアテックスですが、今回はその撥水性を復活させる方法とメンテナンスについてご紹介します。

 

ゴアテックスでも撥水効果は低下する

高機能が備わっているゴアテックスのアウターウェアは、メンブレンそのものが損傷しない限り性能は低下しないと謳われており、長い期間でも着用可能とされています。ただし、日頃からきちんとしたメンテナンスが必要なことは言うまでもありません。その理由は、ゴアテックスが備える機能は「防水性」の他に、汗を外へ放出する「透湿性」の2つ。「撥水性」についてはゴアテックス本体ではなく、ゴアテックスを挟み込んでいるナイロン生地に備わっています。ナイロン生地は表面にあるので着用時にいくらか摩耗していきますが、ゴアテックス自体は保護される仕組みになっています。この摩耗などが影響すると、ゴアテックスウェアの撥水効果が徐々に低下してしまうのです。そのために、定期的にメンテナンスが必要になります。

 

ゴアテックスの撥水・防水スプレーとの違いは?

防水スプレーや撥水スプレーをレインウェアに活用される方もいらっしゃいます。こうしたスプレーは、ウェアの生地に撥水性を与えて、生地に水が浸透するのを防ぐ機能があります。しかし、その効果は長時間持続せず、雨天時など長時間使用すれば少しずつ水が染み込んできます。一方、ゴアテックスはメンブレンが損なわれなければ経年劣化はほとんど心配ないという違いがあります。ただし、ゴアテックスの撥水性に関しては、前述の通りナイロン生地に備わっている構造上、適切にメンテナンスしないと機能低下を招き、ウェアが重くなって体を冷やす原因になることがあります。また、ハイレベルな登山に出かける場合には命に関わる可能性も否定できません。ゴアテックスの撥水性を考える際には、表面の生地についてケアしなければならないのです。自分の体をリスクから守るためにも、適宜ウェアのケアをしながら撥水性をキープすることが大事です。

 

ゴアテックスの撥水・防水効果を復活させるには

長年愛用し、使い込んできたゴアテックスでも、撥水性や防水効果を復活できる最良の方法があります。撥水効果の耐久性を持続させるために開発された撥水加工サービスです。このサービスは、徐々に失われていくゴアテックスの生地に撥水性を復活させる加工を施してくれます。耐久撥水加工を行うと、使い込んだ愛用のゴアテックスウェアが濡れることなく、雨天時に使用しても軽く叩くと元通りの状態になります。撥水加工サービスはアウトドア向けに開発された撥水加工のため、タウン用なら余裕で撥水性を発揮します。ちなみにこの撥水加工のサービスは、家庭で使うテーブルクロスやソファー、カーペットなど、汚したくない一般的な布製品にも施すことができます。

UPDATE2015.12.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加