テーブルクロスの汚れ対策【撥水加工の防汚効果】

テーブルクロスの汚れ対策【撥水加工の防汚効果】

アウトドアのシーン以外にも、日常生活の中には、テーブルクロスのように汚れが落ちにくくて困る物もありますよね。実は、そんな時にも撥水加工が活用できるんです!今回は、日常的な汚れに、撥水加工が有効な理由についてご紹介します。

布製のテーブルクロス、可愛いのにすぐ汚れる

布製のテーブルクロスは、柔らかな風合いが楽しめますが、可愛らしい見た目と裏腹に、すぐに汚れやすいという難点があります。特にテーブルクロスは、文字通りテーブルの上で使う物。テーブルは家族みんなで使う場所ですし、食べ物の入った皿や飲み物の容器を置いて使うので、どうしてもよごれが付きやすくなります。
時には、ティータイムにお茶をこぼしてしまったり、食事中にワイングラスをひっくり返してしまうことも。これらは水溶性の汚れですが、小さなお子さんがいるご家庭では、上手に食べられずにソースやケチャップ、マヨネーズなどの油性の汚れがテーブルクロスに付いてしまうこともあります。カレーなど、布に染み込みやすくシミになりやすい物は、すぐに洗濯しないといけません。

テーブルクロスについたミートソースやコーヒーのシミは落ちにくい

カレーと同様に、テーブルクロスについてしまうと落ちにくいのが、ミートソースやコーヒーのシミです。ミートソースは、クロスに一度ついてしまうと頑固でなかなか落ちにくく、乾燥してシミになってしまうと、一層落ちなくなってしまいます。
一方、コーヒーは染料としても用いられる飲料。コーヒーには、豆の焙煎によって炭化した有機物や、カフェイン、タンインといった頑固な汚れの原因になる物質が含まれています。コーヒー染めという染め方があるくらいですから、テーブルクロスについたらシミになる前に洗濯しなければなりません。とは言え、毎回洗濯をするのは面倒くさいですよね。でも、汚れがついたまま長い時間放置してしまっていると、布がすっかり着色されて綺麗には落ちなくなります。また、テーブルクロスについたミートソースやコーヒーのシミは、一回の洗濯では落としきれないことが多いのも悩みの種です。

撥水加工でおしゃれなテーブルクロスを長持ち【防汚効果】

汚れやシミは、テーブルクロスについてしまう前に撥水加工をすることで未然に防止することができます。撥水加工サービスを使えば、布製のクロスに簡単に撥水機能を持たせることが可能になります。仮にミートソースやコーヒーがこぼれてしまっても、さっと拭いてしまえば染み込む心配がありません。
お勧めなのは、ドロップルーフの撥水加工サービスです。ドロップルーフの技術は、もともとアウトドアに適した技術。強力な撥水技術で、クロスに水がついても綺麗な水の玉になって弾くほどの威力です。このサービスを活用すれば、従来のように、汚れがつく度に洗濯をする手間もかかりません。わざわざビニール製のクロスに買い替えることなく、布製クロスも長持ちします。お気に入りのテーブル用クロスにドロップルーフの撥水サービスを施して、おしゃれなクロスのある暮らしを楽しんでみてはいかがでしょうか。

CATEGORY
UPDATE2018.04.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加