仕事にも役立つ?!撥水加工でパフォーマンスを上げよう!

仕事にも役立つ?!撥水加工でパフォーマンスを上げよう!

農作業や工事現場などの外で行う仕事は、天候によって作業服自体を変える必要があります。寒い時には防寒着が必要ですし、雨天時には適切な雨具が必要となります。
作業着が適切で無いと快適性を損ねてしまい、安全性と作業パフォーマンスの低下を招いてしまいます。ここからは作業ウェアの中でも防寒や防水、更に汚れにも優位な撥水加工についてみていきましょう。

農作業用に撥水加工が施された服【より快適な農作業ウェア】

農作業は自然を相手にする仕事です。農作業用の服には雨や寒さを避けられるような作業服が必要です。また土を相手にもしていますから、汚れもつきやすいものです。
農作業の服に撥水加工がされていると、雨を弾くため中に染みこむこともなく快適性を保ちます。汚れについては、農作業用の服ですから、汚れがつくのが当たり前と考えることもできますが、撥水加工が施されていることで、泥汚れを弾く効果もあります。特に最大の利点としてはウェアに水が染み込み重たくなることを防止することができます。ウェアが水を弾くことでウェア自体が重くなることを防いでくれるため疲労感が軽減されます。このように撥水加工が施されていない服よりも施されている作業服のほうが機能的にも優位です。

工事現場の作業着にも強力撥水は効果的

工事現場は、作業現場により、泥や砂、更には油など、汚れが多い環境での作業が多くなります。もちろん雨や雪など天候によっても作業環境が大きく変わってしまう状況です。そんなハードな現場では、出来る限り快適な作業ができるような服装が重要です。
作業服選びは機能を考え選択することは当然です。ハードな作業時の作業服は天候だけに左右される軽作業とは異なり、ひどい汚れが付着することを考慮する必要があります。これを解決する方法は、強力な撥水加工が施されている作業服を身に付けることです。優れた撥水性が施された作業服は、汚れにも強く破水することも少ないため防寒など機能面にも優れた結果をもたらします。更に付着した汚れも落ちやすく単身赴任や独身の人たちにも重宝されています。

外で作業するすべての人に撥水加工された上着を

農作業や工事現場の作業は、雨や寒さ、そして汚れについても、撥水加工が施されている作業服を身につけることで、作業時の快適性や汚れがつきにくいことでのおしゃれ度アップ、更には汚れがつきにくいことでのメンテナンス性アップについて記載してきました。このことはハードな作業がである農作業をする人や工事現場で作業している人に限った話ではありません。
キャンプやハイキング等のアウトドアでの行動、野外フェス、野球やサッカーの観戦など長時間外にいる場合は、突然雨に降られることもあります。そんな時に撥水加工が施された上着を用意しておくと非常に役に立ちます。長時間外で何かをする必要がある状況では、雨や寒さ対策のためにも撥水加工された上着の用意は怠らないようにすることで後々困ることもなくなります。

CATEGORY
UPDATE2018.03.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加