アウトドアの撥水(防水)ジャケットの必要性・選び方・相場

アウトドアの撥水(防水)ジャケットの必要性・選び方・相場

36A

アウトドアは、時として強烈や風・雨に襲われる場面があります。そんな時、撥水(防水)機能が高いジャケットがあると心強いです。しかも、ジャケットにはいくつか種類があって、価格や機能が全く違います。そこで今回は、アウトドアにおいてジャケットが果たす役割、選び方、その相場についてみていきましょう。

アウトドアは重ね着が基本。アウターには撥水性が高いものを

アウトドアでの服装にレイヤリング(重ね着)の必要性があります。登山などは寒暖の差が激しいので、気温に応じて着脱を行って体温調節を図ることが大切です。

レイヤリングは肌に近いものから順にアンダー、インナー、アウターという構成が基本です。アンダーとインナーは汗を吸収し体温を保持する役割を担います。保温性・速乾性が高い素材を選ぶと効果的です。

一方、アウターに求められるのは、風による寒さをしのぎ、雨などを弾き返して体温低下を防ぐことです。自然環境は時としてアウトドアの脅威ともなりえます。そういった自然の脅威に備えるためにも、アウター選びには防風性の高さと撥水加工の強力さを基準にすることが重要になります。

ジャケットの選び方~ハードシェル・ソフトシェル・ウインドシェル~

アウトドアにおけるアウターの重要性を見てきましたが、アウターには目的によってハードシェル、ソフトシェル、ウインドシェルの3つに大別されることはご存知でしたか。3つそれぞれに異なった特徴と魅力があるので、気候や季節に応じた選び方ができると、一層アウトドアが楽しくなります。

ハードシェルジャケットはその名の通り、かなりしっかりとした生地で作られています。スノーウェアがこの部類に入ります。吹雪など過酷な天候に対応する能力があります。主に冬季の山に用いられ、厚手の生地を使用しているためアイゼンやピッケルといった金属もの(ガチャものとも言う)に対しての耐性が高く、アウターの中で最もタフなため安心感があります。

ソフトシェルジャケットは柔らかくしなやかな着心地を感じられる素材を用いているので、激しい動きにも邪魔になりません。確かな防水性と快適な体の動きを実現できるのが魅力です。レインウェアがこの部類に入ります。

ウインドシェルジャケットはとにかく軽量で携帯性に優れています。持ち運びの負担にならないほか、夏の風よけなどちょっとした用途でも使える汎用性が特徴です。ただしウインドシェルは撥水性があっても防水性がないためちょっとした山であればいいのですが一日中山に入るような状況ではソフトシェルのレインウェアが必要になります。

身を守るために必要なジャケットには良い物を

アウトドアを快適に楽しむには、良質のジャケットは必要不可欠です。そのためには、多少の出費は覚悟しておきましょう。

もちろん、安価で質の良いジャケットも多数あります。過去のシリーズが1万円以下のセール価格で販売されていることもあります。ただ、ゴアテックスなど確かな質と高い人気を誇るものは、価格相場が3万円ほどで推移しているのが現状です。1着に3万円というと、かなり高い印象があるかもしれません。しかし、普通のアウターとは違って過酷な自然環境にも立ち向かえるだけの機能を備えていることを考えれば、決して高くはないはずです。

それに、ゴアテックスにも幾つかの種類が存在して、中には5万円以上するものもあります。このレベルになると、素材のクラスは最高級でデザイン性も重視されています。非常に高価なウェアですが、より過酷な山を目指している人にはやはり必須なウェアとなっています。

 

撥水加工専門サービス「ドロップルーフ」

CATEGORY
UPDATE2016.05.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加