登山のレインウェア技術【雨具の撥水加工効果】

登山のレインウェア技術【雨具の撥水加工効果】

AdobeStock_17319327

登山で欠かせないアイテムとして登山靴と並んで重要なレインウェア。雨を防ぐだけでなく、風を防いでくれたり体温を保温してくれたりと私たちのアウトドアライフにとって無くてはならないアイテムです。新しいレインウェアを使用すると新しい傘を差したときのように水がコロコロと転がって落ちていきますね。でもしばらくレインウェアを使用してくると水がベチャーと広がり表面生地に染み込んでしまう状態になってしまいます。水がコロコロと弾いている状態の方が良いことはなんとなく分かると思いますが、その撥水効果を詳しく解説していきます。

撥水加工によりレインウェアの快適性を保つ【快適な雨具】

ゴアテックスに代表される透湿性素材とは

最近のレインウェアには雨は通さないけれども汗は通すという透湿性素材を使ったレインウェアが販売されています。その代表格がゴアテックス(GORE-TEX)という素材です。細かな繊維が非常に細かく絡み合って出来ており、水が通過するほどの隙間は空いていないけれども水よりも小さな水蒸気は通過できるという性質があります。ゴアテックス以外にも同様の構造で各メーカー毎に透湿性素材を使ったレインウェアが販売されています。昔のレインコートいわゆる雨合羽は透湿性が無かったためにすぐに合羽内が群れてしまって合羽内で汗をかいてしまいます。雨で濡れているのか汗で濡れているのか分からない状態でした。しかし透湿性素材を使ったレインウェア(雨具)が発売されるようになりアウトドアの可能性が大いに広がったと言えます。

撥水効果で透湿性を保つ

レインウェアに備わっている透湿性を存分に発揮するためにはレインウェアが良好な状態である必要があります。具体的にはレインウェアに水が掛かっても水がコロコロとする状態、撥水性が良好である必要があるのです。レインウェアの外側表面生地に水が染み込んでいるような状態ではせっかくレインウェア内部の湿気を通そうにも表面生地の水が邪魔になってしまいます。ゴアテックスを代表とした透湿性のあるレインウェアにはこのような理由で撥水性が重要になります。結果として撥水性を良好に保つことでレインウェア内部の蒸れが軽減され、快適性が向上します。

撥水加工によりレインウェアが重くなることを防ぐ【雨具による疲労軽減】

レインウェアの撥水加工は透湿性を保つためだけではありません。レインウェア撥水性は他にも良い面をもたらしてくれます。撥水が良好であると生地に水を含みにくくなります。

レインウェアでも保水をする?

レインウェアであるため水を通さないような素材にはなっていますが、だからといってレインウェアが水を保水しないかと言えば違います。レインウェアも繊維で出来ており、1本1本の糸が水を吸収するというよりはその糸の間に水が入り込んでしまいます。結果としてレインウェアの生地が保水をしていきます。

水を含むことでレインウェア自体の重みが増します。水は非常に重たいため、撥水性が悪いウェアでは数百グラムの単位で重たくなってしまうことがあります。せっかく軽量化をしても、雨が降ってレインウェアが濡れてしまうと重たい水を全身で背負いながら歩くような状態となってしまいます。しかしながら撥水加工によってそれを防ぐことができるのです。レインウェアの撥水加工はレインウェア自体の保水を防いでくれて、結果としてレインウェアが重くなることを防いでくれます。

レインウェアによる冷えを防ぐ【雨具による体温低下防止】

レインウェアの撥水加工の効果は快適性や水による重みを防ぐだけに留まりません。もう一つ重要な効果があり、実はこの効果が一番意味があると考えています。

先ほどの項ではレインウェアが保水をすることがあることを説明しました。レインウェアが水を含むと重くなることは感覚的にも理解しやすいかと思います。

体を冷やす原因は水の伝熱

さて、皆さん朝顔を洗う時に水が冷たい!そんな経験ありませんか?なぜ冷たいのでしょうか?水が冷えているからと言えばその通りでもあるのですがそれだけでは説明不足です。水に体温が奪われるために冷たいと感じるのです。水は温度を伝えやすい物質で、例えばお味噌汁を飲んでいる際に誤ってこぼしてしまったら熱いと感じますが、お味噌汁が入っているお椀は持つことができます。お味噌汁もお椀もどちらも大体同じ温度になっているのですが、水が温度を伝えやすいために直接触れると熱かったり冷たかったり感じます。レインウェアにも同様の現象が起こり、レインウェアに水が含んでしまうと体温を奪いやすくなってしまい、結果として体を冷えやすくしてしまいます。これが登山だと場合によっては非常に危険な状態となり、それを防ぐためにも撥水性を良好に保ちレインウェアが保水しないようにすることが大切です。

レインウェアの撥水加工まとめ

されレインウェアの撥水加工による効果について、①レインウェアの透湿性を保ち快適性を保つ②レインウェアが保水して重たくなる事を防ぐ③レインウェアが保水して体温を奪うことを防ぐという3つを説明しました。

登山という活動では一日中雨に打たれるという状況も想定しなければなりません。アウトドアというフィールドで雨に打たれた際、自分の身を守るためにはレインウェアを持っているだけでなく、レインウェアを良好な状態に保ち、特に撥水性を良好に保つことがとても重要であるということを覚えておいてください。

UPDATE2018.02.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加