服や衣類に撥水スプレー・防水スプレーをする場合

服や衣類に撥水スプレー・防水スプレーをする場合

防水スプレー

多くの方が使ったことある、でも意外に知られていない撥水スプレー、防水スプレーの違いや、種類。
他にもこんな使い方が出来る、ということもありますので、便利な撥水、防水スプレーの使い方を今回は説明していきたいと思います。

 

靴用は服に使えるの!?衣類には専用の防水スプレーを

皆さんは防水スプレーを使ったことはありますでしょうか。そもそも防水スプレーと撥水スプレーの違いも知らない方も多いかもしれませんね。

防水スプレーも撥水スプレーも実は同じです。現在一般的に販売されている防水スプレーというのは水がコロコロとする「撥水性」を付加させることで、その効果が効いている間は水が通過せずに「防水」であるということで「防水スプレー」と呼んでます。確かに一般の人には防水スプレーと伝えた方が分かりやすいかもしれません。防水スプレーも撥水スプレーもどちらも同じく「撥水性」を付与するスプレーです。

スプレーには靴用、服用、金属用など使うものごとに専用のものがあるんです。防水スプレーならどんなものに使っても良いんじゃないかと思う方も多いと思いますが、フッ素系やシリコン系など防水したい素材ごとに成分の配合が変えられていますので、対象外のものにスプレーすることで変色の原因となったり、機能性が失われてしまうものがあります。満足いく成果を出すためには使い分ける必要があります。

シリコン系は傘やレインコートなどに使うのが良く、フッ素系は革靴や鞄などに使うと十分な効果が得られます。フッ素系のスプレーには油をはじくことが出来るので、汚れを防ぐ効果もあるのが嬉しいですね。

 

脇汗などが気になる方必見!防水スプレーで脇汗対策

服を着ていて脇汗のしみって気になりますよね。
脇は汗腺が多く汗をかきやすい場所になります。特に汗染みが出来ると目立って恥ずかしい思いをしてしまいますので、対策をとりたいと思う人も多いと思います。


脇汗での染みが気になってしまうと言う人には、服の脇の部分に防水スプレーをして染みになるのを防ぐ方法があります。
でもここで注意してほしいのはスプレーを脇以外のところにまでしないほうが良いと言うことです。防水スプレーは空気の通りを防いでしまうことがありますので全体にスプレーをしてしまいますと服の中で蒸れることになりかねません。そうならないためにも染みになって欲しくない場所にだけスプレーをするという使い方がポイントです。

 

服や衣類に撥水スプレー・防水スプレーをする際のポイント

服や衣類に撥水スプレーや防水スプレーをするポイントとしては、スプレーをするものの品質表示をきちんと確認することです。きちんと素材を確認して素材にあった専用スプレーをすることで、しっかりとした効果を得ることが出来ます。

スプレーするときはまず汚れを落としておくのもポイントです。汚れたままスプレーすると汚れごと固めてしまうことになりかねません。汚れを落としたら換気を良くした場所でまんべんなく湿り気を帯びるくらいまで吹きかけ乾燥させます。効果が出るのは乾いてからですので、使う直前ではなく、準備をしておくのがポイントです。また使用していきますとだんだん効果が薄れますので1,2ヶ月ごとに定期的にスプレーすることも大事ですよ。

撥水加工専門サービス「ドロップルーフ」

UPDATE2016.02.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加