バックパック(リュック/ザック)の洗濯・クリーニングについて

バックパック(リュック/ザック)の洗濯・クリーニングについて

e3cb584b3acadd7c-862732-0

バックパックの寿命を伸ばすためには、こまめなケアが欠かせません。汚れた状態で放置すると、劣化が進む上に、カビや臭いが発生する危険性もあります。
お気に入りのバックパックを長く使うための洗濯・クリーニング方法を紹介します。

 

バックパック(リュック/ザック)の洗濯・クリーニング方法について

バックパック(リュック/ザック)のクリーニング方法は自宅でする場合と、業者に依頼する場合が考えられます。

バックパック(リュック/ザック)の性能維持のためには、登山から家に帰ってきたら、速やかに汚れを除去することが望ましいです。特にカビは発生したら取り除くのが困難になるので、そうなる前にクリーニングする必要があります。このため、自宅クリーニングが基本になります。自宅でのクリーニング方法は、基本的には水で手洗いとなります。

ただ、汚れが酷くて落としきれない場合や、忙しくてクリーニングしていられないという場合は、業者に依頼することも選択肢としてありえます。撥水加工専門サービスドロップルーフではクリーニングに加えて、バックパック(リュック/ザック)に撥水加工をしてもらえるメリットもあります。

 

自宅で出来るバックパック(リュック/ザック)の洗濯・クリーニング

バックパック(リュック/ザック)を自宅で洗濯・クリーニングする方法を紹介します。

【1】洗濯前に外せるパーツは全て外し、ジッパー類は開けた状態にします。汚れが目立つ箇所は水で濡らし、中性洗剤をつけたスポンジやブラシでこすり落とします。
【2】洗いおけや浴槽に水をはります。バックパックの全体が浸かるくらいの水を入れると良いです。それから、中性洗剤を入れ、押し洗いをします。汚れがひどい場合は、ぬるま湯を使用します。
【3】洗い終わったら、汚れた水を捨て、綺麗な水に入れ替え、また押し洗いをします。水が汚れなくなるまで、これを繰り返します。
【4】バックパックの水を切って、陰干しします。
【5】すべてのジッパーを開けてバックパック(リュック/ザック)の中が完全に乾燥するまでしっかりと乾かして下さい。

保管は、直射日光の当たらない風通しの良い所にします。室内に吊るしておくと良いです。

 

安心・正確なバックパック(リュック/ザック)のクリーニングサービス

バックパック(リュック/ザック)のクリーニングを業者に依頼する場合は、アウトドア用品のクリーニングを専門に扱っているところに依頼することをおすすめします。
特に、クリーニングだけでなく撥水加工サービスをしてもらえるのでメリットが高いです。ザック自体に水が染み込み重たくなるといったつらい状況が軽減することは嬉しいですね。専門的なクリーニングによってバックパック(リュック/ザック)の寿命を伸ばすことが可能となります。

業者に依頼する場合の注意点は、信頼できる業者に依頼することと、依頼してからバックパック(リュック/ザック)が戻ってくるまである程度時間がかかるので、余裕を持って依頼をすることです。

UPDATE2016.01.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加