テント(フライ・タープ)の補修・修理について

テント(フライ・タープ)の補修・修理について

有名ブランドのテントはそれだけ性能も高く、キャンプやアウトドアの場で威力を発揮してくれるので、選ぶ方も多いと思います。そこで気になるのが、経年によるテントの劣化。良いものを長く使っていくためには、日頃からの補修や修理が重要です。今回は、テントの修繕とリペアの方法についてご紹介します。

 

テント(フライ・タープ)の防水・撥水の劣化について

フライやタープといったテント用品は、テフロンと呼ばれるフッ素樹脂で加工がされていますが、使用する頻度が高くなるにつれて劣化が生じてきます。フッ素樹脂のコーティング自体は強固なので、簡単に剥離することはありません。それにも関わらず、水を弾く性能が落ちることがあります。その原因の一つは、使う度に付いてしまう汚れです。また、もう一つ考えられるのは、何回もテントを折り曲げることや、摩擦を繰り返すことによって撥水面に施されている特殊な配列が乱れ、水を弾く力がなくなります。汚れが原因であれば、洗剤などで汚れを落とせば回復します。撥水面の劣化には、タープやテント用品の劣化した箇所にドライヤーまたはアイロンで熱を与える方法など、自分でできる処理でも回復することがあります。その際には表面の温度が高温になり過ぎないように配慮したり、細かい注意が必要です。

 

テント(フライ・タープ)の穴の補修方法(リペア)について

知らぬ間にテントの天幕部分に穴が開いているのを発見したら、できるだけ早く対処する必要があります。穴の大きさが小さかったとしても、野外で使用すれば水が確実に入ってくるので濡れてしまうからです。テントの修繕には、専用の補修剤によるリペアが有効です。ひっかかってしまって開いた傷であれば、裏面から補修剤を生地に塗ります。カッターのような刃物で生地が切れたような場合も同様に、裏面から切れた部分に沿う形で補修剤を施します。もし大きい穴ができてしまった時は、傷の部分に合う大きさの生地を用意して、補修剤を塗った後にその生地を充てて塞いでいきます。こうしてリペアしておけば、少なくともそのままの状態でいるよりは水滴の浸入を防ぐことが可能です。

 

テント(フライ・タープ)の補修・修理は業者へ

テントが備えている強度をアップさせるために、シームコートと呼ばれる防水液が使われます。この防水液は、テントに予め施されている防水加工を補強するために使用されますが、縫い目の部分など補強したい場所の外側に重点的に塗り込みます。シームコートを濡れば、完璧に近い状態でテントを使うことができます。また、シームコートはテントだけでなく雨具などの製品のリペアにも活躍します。使い勝手が良い防水液ですが、それでもこうしたアイテムはあくまでも応急処置のような役割しか果たせません。本格的にテントを補修したいのなら、専門的な修理をしてくれる業者に依頼しましょう。自分で行う防水処理より遥かに確実な撥水・防水加工も行ってくれます。また、メーカーの修理ならタープなどにありがちなフレームの折れにも対応してくれますし、修繕した縫い目も綺麗にしてくれるので目立ちません。

撥水加工専門サービス「ドロップルーフ」

CATEGORY
UPDATE2016.01.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加