テント(フライ・タープ)の撥水・防水について

テント(フライ・タープ)の撥水・防水について

夜空とテント

アウトドア用テント(フライ・タープ)は、最近の登山者やハイカーの増加により、需要をますます拡大させています。アウトドアに積極的で、テントの利用頻度が高い方であれば、テントをいかにして長持ちさせるかが重要になります。そして、テントの寿命を延ばす鍵は、その素材となる布の撥水・防水機能にあることが明らかになりました。

 

テント(フライ・タープ)の寿命と経年劣化

テント(フライ・タープ)は、一般的に5年から10年の間で経年劣化が大きく進むと言われています。ただし、メンテナンスにムラがあり、悪臭や破損などによりカビが発生すると、3年経過するだけでも買い替えの必要に迫られる場合もあります。テントの経年劣化を左右する最も大きなポイントは、防水性、撥水性の低下です。テントの収納袋を触った際に粘り気があると、購入時に布に施されていた防水・撥水機能が落ちていることがわかります。この状態で使用した場合、雨や雪にさらされてしまうと、防水や撥水ができないことにより雨漏りが発生し、機能不全になります。特に、底面で同様の症状が見られると、改善や修復は不可能というユーザーの意見が非常に多いです。

 

テント(フライ・タープ)の防水・撥水の必要性

テント(フライ・タープ)の寿命を延ばすためには、防水・撥水機能を長く持続させることが必要です。テントは、衣服と同様、湿気により落ちにくいカビや汚れが発生します。カビや汚れは、そのまま破損や悪臭のもとにもなり、機能性が大きく損なわれてしまいます。ここ数年は登山者やハイカーが急増し、テントの機能性がますます重要視されています。特に、アウトドアに積極的な方であれば、メンテナンスの費用だけにとどめ、買い替えによる損失と手間をできるだけ抑えたいところです。そこで、カビ防止、汚れ防止のために、専門メーカーは防水・撥水を長持ちさせるためのコーティング技術を、急速な勢いで開発させていますが、実用化されているものはまだ少ないのが現状です。

 

テント(フライ・タープ)の防水処理・撥水処理

そこで注目されているのが、防水処理ならびに撥水処理の役割を担うコーティング技術です。たとえば、防水・撥水コーティングの専門メーカーでは、ナイロン100%の布で、70分以上のシャワー耐久テストをクリアしました。これは従来のニクワックスやスコッチガードと比べて、7倍以上の耐久性です。他にも、同様の布で繰り返し洗濯をさせた結果、30回以上行っても劣化がほとんど見られませんでした。コーティングが施された布は、長時間の雨や突然の豪雨が続くほど、より効果を発揮します。この効果の恩恵を大きく受けるのがテントです。メンテナンスの経費を抑えることができ、かつ経年劣化を大幅に防止することができます。他にも、カーペットやテーブルクロスでも、水などをこぼした場合に乾燥が早くなるなど、防水・撥水コーティングの効果は日常生活でも活かされています。

CATEGORY
UPDATE2016.01.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加