寝袋(シュラフ)のメンテナンス・お手入れ

寝袋(シュラフ)のメンテナンス・お手入れ

SONY DSC

寝袋はキャンプする際に必須のアイテムなので、持っている方も多いかもしれません。でも、寝袋もメンテナンスが必要だということをご存知でしょうか。放っておくと思わぬトラブルを生む可能性も。今回は、寝袋をメンテナンスする重要性とお手入れ方法についてご紹介します。

 

寝袋(シュラフ)のお手入れをしないとどうなるか

キャンプなどで寝袋を使って、その後そのままにしておくと、中綿にも影響が出てしまいます。買ったばかりの膨らみと比べてそれほど膨らまなくなり、保温力まで低下します。また、一番気になるのが臭いです。寝ているうちに汗が染み込んだり、汚れが付いたりするので、放置したまただと臭いが悪化してしまいます。特に気になるのは足元にあたる部分と首回り。せっかく購入した高級ブランドの寝袋なら尚のこと、なるべく長い間快適な状態で使いたいものですが、そのためにはメンテナンスが最も重要です。汚れの付着はカビの要因にもなりますので、寝袋を良い状態で保つためにも、長期で保管する場合はきちんと洗濯をしてメンテナンスをしましょう。

 

寝袋(シュラフ)のメンテナンス・お手入れは中綿をチェック

寝袋のお手入れをする際に、ポイントになるのは中綿の素材です。一般的に寝袋内部に封入してあるのは、ダウンまたは化学繊維の2種類です。注意が必要なのは、この2種類それぞれに使用する洗剤と乾燥の仕方です。正しい方法でお手入れをしないと、綺麗にするつもりが逆効果になるので素材をしっかり確認しましょう。化学繊維の場合は、家庭にある中性洗剤が使えますが、ダウンの場合には家庭用の合成洗剤を使うと素材を傷める可能性があります。結果的に保温性も低下するので、なるべくダウン専用のクリーナーを準備しましょう。もし用意できない時は、柔軟剤などを含んでいない中性洗剤も使えます。中性洗剤を使用する際は、洗剤の濃度が濃いとすすぐ時に洗剤が残留しやすいので、薄めて使用するのがコツです。

 

寝袋(シュラフ)は使用後のメンテナンスとお手入れが重要

愛用の寝袋をできるだけ長く使っていくためには、使った後のメンテナンスが非常に重要です。そもそもテントの外側と内側は気温差があり結露が生じやすい傾向にあります。また、寝ているうちにかく汗によって寝袋が湿りやすくなるので、お手入れをしないでいると臭いとカビが発生し、さらには寝袋自体の性能を劣化させてしまう一因になります。まず第一に、使った寝袋はしっかり乾燥させること。そして、汚れが気になる時は洗濯する必要があります。自分でもお手入れは可能ですが、素材によって準備する洗剤や洗い方が異なりますし、間違ってケアすると本来の寝袋の機能が落ちてしまう場合もあります。高価な寝袋を長く大切に使いたい場合は、アウトドアに特化した撥水・防水加工サービスがありますので、そちらに依頼することもお勧めです。

UPDATE2016.01.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加