寝袋(シュラフ)の撥水について

寝袋(シュラフ)の撥水について

頻繁にアウトドアを楽しむ方にとって、上質なウェアや寝袋は揃えていると心強いアイテムです。知識や経験が増えるにつれて、高級ブランドのウェアなどを購入する方も多いですが、近年は寝袋の性能も上がってきています。今回は、寝袋の撥水性と正しいお手入れについてご紹介します。

 

寝袋(シュラフ)を撥水加工することのメリット

有名ブランドが展開している寝袋などは、一般的に化学繊維を素材にしたものとダウンのような羽毛素材のものに大別できます。取り扱いが比較的楽で、濡れた場合にも強いという特徴があるのが化学繊維。ただし、化学繊維はどうしても重くなりがちなので、軽いダウン素材の方が持ち運びにも便利です。さらに、ハリがあってふかふかなダウンが封入されている寝袋は、実際に寝た場合にもふわふわして寝心地が良いという特徴があります。ダウン素材は水分が浸入しやすいという難点がありましたが、近年登場した超撥水加工がされた寝袋なら、微細な粒子で壁を作ってダウンに水が吸収されるのを防ぎますし、潰れにくいため就寝環境も格段に快適になります。

 

寝袋(シュラフ)の保湿性は超撥水加工で

ふかふかして温かいのが魅力のダウン製の寝袋は、山小屋泊をする際や自転車の旅を計画する場合など、様々なシチュエーションに活躍してくれます。超撥水加工がされているダウンの寝袋なら、水に濡れにくい力がアップしているので、うっかり雨や水に濡れて寝袋が重くなってしまったということも避けられます。超撥水加工済みの寝袋を持って行けば、湿度が高い日や雨天時でのテント泊にも気にせずに眠ることができます。さらに嬉しい点は、特殊な加工技術によって一般のダウンよりも傷みにくいという特徴があり、保湿性も十分にキープしています。とはいえ、こうしたハイクオリティの寝袋だとしても、使用後はきちんとお手入れをすることが大切です。

 

寝袋(シュラフ)の撥水性と防汚性の関係

寝袋で寝ている時に心配なのが、就寝中に体外に放出される水分によって結露が生じ、ダウンまで湿気が移ってしまわないかという点です。しかし、超撥水加工の寝袋なら通気性が従来のものと比較して非常に優れているため、濡れる心配がありません。そして、撥水に優れるという性質はすなわち、防汚性にも優れているということです。雨水や体から出る汗だけでなく、オイルや泥などの汚れも同時に付きにくくなるので、結果的に色々な汚れからブロックしてくれます。ですが、せっかく高級ブランドの寝袋を手に入れたのなら、品質を保持するためにも、しっかり汚れを拭き取るなどのお手入れをするようにしましょう。お手入れをすれば、寝袋の状態を確認できますから、もし水を弾く力が鈍ってきたかなと感じたら、プロの撥水加工業者が提供してくれるサービスを利用して撥水性能を上げてもらう方法がお勧めです。

UPDATE2016.01.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加