レインウェア(雨具)の撥水スプレー・防水スプレー

レインウェア(雨具)の撥水スプレー・防水スプレー

防水スプレー、撥水スプレー

レインウェアに撥水効果をもたらすには、撥水スプレーによるメンテナンスが便利です。しかし、撥水スプレーは必ずしも万能なものではありません。撥水スプレーに代わる撥水加工サービスとそのメリットについて、ご紹介します。

 

タウン用のレインウェア(レインスーツ)にはフッ素系撥水スプレー

雨が降っている場合でも、通勤や通学、あるいは買い物のため外出する機会が多いです。そのような時気になるのが、レインウェアによる雨対策でしょう。最近では撥水効果をもたらしてくれるグッズが簡単に手に入ります。例えば、雨具に対して雨対策として、フッ素系撥水スプレーを利用する方が多いです。しかしながら、このタイプには耐久性に限界があります。生地の表面に振りかけているだけなため、長持ちはしません。耐久性を考慮するなら、レインウェアに撥水加工サービスで耐水性を付加するのが効果的です。手軽さであればフッ素系撥水スプレーが優れているものの、長い目で見れば撥水加工サービスが、耐久性やさらにはコスト面で優れています。

 

登山用のレインウェアはシリコン系スプレーはNG

登山に用いるレインウェアには、撥水スプレーによる濡れ対策が有効です。体が濡れてしまうと体温を奪われてしまいかねません。そのため、山に登る前にレインウェアに撥水効果があるスプレーを利用する場合が多いです。しかし、シリコン系スプレーは登山用には向いていません。シリコン成分が生地の表面を覆ってしまうため、通気性を損ねてしまいます。すると、体から発生する汗の蒸気を外に逃がすことができず、蒸れやすくなってしまいます。そこで、撥水加工サービスに注目が集まっています。登山用のレインウェアの通気性を確保しつつ、かつしっかりと撥水してくれるため、快適なアウトドア活動ができます。ウェア本来の撥水効果が落ちてきたと感じたなら、撥水加工サービスでメンテナンスしておくのが効果的です。

 

登山用のレインウェアはスプレーだけでは撥水効果が弱い

登山用のレインウェアに撥水加工サービスを利用するのは、耐久性の点でもメリットは大きいです。撥水スプレーを利用すると、確かに一時的には撥水効果を発揮してくれます。しかしながらその効果は持続せず、次第に水分をはじくことができなくなります。せっかくの雨対策も、登山中に効力を失ってしまい、結局雨に濡れてしまいます。登山のように長時間外で活動する場合には、撥水効果の耐久性を重視すべきです。撥水加工サービスでレインウェアをメンテナンスした場合には、撥水効果が持続します。そのため、雨の中でも安心してアウトドア活動ができます。精神的な面でも、スプレーよりは撥水加工を事前に施した方が、安心感がなにより違います。

撥水加工サービス「ドロップルーフ」

UPDATE2015.12.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加