レインウェア(雨具)の撥水加工・防水加工について

レインウェア(雨具)の撥水加工・防水加工について

※画像はイメージ

雨天の外出時に欠かせないアイテムがレインウエアです。雨の中快適に歩いたり作業を行うためにはレインウエアの着用は必ず必要となります。レインウエアにも種類があり性能が良ければ良いほどより快適に過ごすことができます。

 

レインウェアとビニールカッパの違い

レインウェアとビニールカッパの違いは何でしょうか。ビニールカッパと言えば、いわゆるレインコートと呼ばれるもので、昔ながらのビニール製の水を通さない素材で出来ています。コンビニなどで売られているもので、長所として価格は安いのですが、ビニールなのでカッパ内部にこもった湿気を逃がすことはできません。そのため、汗で濡れてしまう場合も多くなります。一方レインウエアは雨を避けながらも快適に過ごすことができるウエアです。雨を通さない防水でありながら湿気は逃がしてくれる機能を備えていますので、内部をドライに保ってくれるため非常に快適に過ごすことができます。一度この違いを肌で感じてしまうと、もう戻ることができなくなってしまいます。

 

レインウェアの撥水加工・防水加工の機能について

レインウェアで必要とされるのが防水透湿性素材です。代表的なものではゴアテックスがあります。ゴアテックスはテフロン系のフィルムとポリウレタンポリマーを複合化させたもので、防水透湿性能に優れています。雨水をウエアに付着させないよう撥水させて水の侵入を防ぎます。これにより、乾いている状態に近くなり軽快に動くことができます。また、同時に動いた時に発生する汗はウエアの外部に放出してくれるため内部、外部ともにドライに近い状態を保ってくれます。しかし長年の使用で撥水性や防水性が落ちてきたら水を弾かなくなりウエア表面に付着してしまいます。ウエアに水が付着すると膜を張った状態になりますので水蒸気を通さず蒸れてしまいます。

 

レインウェアの撥水加工・防水加工を保つには

レインウェアの撥水性や防水性を保つためにはこまめなメンテナンスが必要です。使用ごとの洗濯が理想で、少なめの洗剤を使ってぬるま湯で洗濯をしたあと、しっかりとすすがなくてはいけません。そして衣類乾燥機で熱をかけることによって撥水性が回復します。衣類乾燥機を使わない場合には陰干しをしたあと、低温であて布をしてアイロンを掛けることによって、同じ効果が得られます。しかし、繰り返し使用していると、表面に付着した汚れが残って撥水性を低下させたり、使用によってできた傷が防水性を低下させたりします。このような状態になると、使用後の洗濯だけでは完全に性能を回復させることができません。そういう状態になってくると買い換えを考え始める人が多いと思います。しかし、撥水加工専門サービスの「ドロップルーフ」が提供している「弾水コーティング」をすると、撥水性が長時間持続して新品以上の効果が期待できます。

UPDATE2015.12.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加