弾水(撥水)コーティングの料金は高い?高くない?

弾水(撥水)コーティングの料金は高い?高くない?

防水スプレーや撥水スプレーをかければ1000円程度。

アウトドア専門の撥水剤だと2000円ほど。

街のクリーニング屋さんでレインウェアの上下をクリーニング+撥水加工をするとお店によって幅があるとおもいますがおよそ3000円ほど。

ドロップルーフの弾水(撥水)コーティングでは、レインウェア上下だとクリーニング+弾水コーティングで3500円です。

料金だけを並べると弾水コーティングは高いですね。

 

料金だけじゃない。効果も含めた料金比較。

家庭で処理できる防水スプレーや撥水剤は簡単に処理できる反面、撥水有効成分が定着しておらず簡単に剥がれてしまいます。防水スプレーを処理して、一回でも洗濯してしまえばその能力のほとんどが剥がれてしまうでしょう。家庭で行う撥水加工とはそういうものなのです。簡単に処理できることが大前提です。

ではクリーニング店ではどうでしょうか?クリーニング店の撥水加工はあくまでクリーニングのオプションです。クリーニング店はきれいにすることが主目的ですので、撥水加工にこだわったお店というものはまれでしょう。実際、家庭で行う撥水加工とほとんど変わらなかったり、濃度が濃いだけだったりすることも多いです。およそ数回の洗濯で効果の低下が見られてくるでしょう。

一方、ドロップルーフの弾水コーティングでは、試験布にて30回の洗濯でも撥水90点という高水準をマークしています。弾水コーティングはアウトドア用に開発した撥水技術であるため、耐久性に非常に優れております。

結局、1回当たりのコストは弾水コーティングが最も高いかもしれませんが、他撥水処理だと何度も撥水処理をおこなうことを考えれば弾水コーティングが最もお得になります。

 

今なら利用料半額で弾水(撥水)コーティングができる!

3月末までは半額キャンペーンを実施しているため、通常レインウェア上下3500円のものが半額の1750円で弾水コーティングができます。これはすごいお得です!!実は弾水コーティングをするには非常に多くの工程を踏んで最後の完成品に仕上げていきます。半額の1750円では完全なる赤字です。やればやるほど出費してきます。でも、この弾水コーティングをぜひ一度試してもらいたいということで半額キャンペーンを実施しています。赤字なので、この値段で続けることはできません。ぜひこの機会にお試しください。

実際、弾水コーティングは非常にコストがかかるためそらのしたで実施しているレンタル品には処理できてません。そらのしたのレンタル品には、代わりとして弾水コーティングと比べて、初期撥水性を確保して耐久性は劣る「ころころ撥水」という処理を毎回施しています。それくらい弾水コーティングはコストがかかる処理ですので、ぜひこの半額キャンペーンをお見逃しなく!!

アウトドア専門撥水加工サービス「ドロップルーフ」

UPDATE2015.11.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加