ゴアテックス製のテントを見なくなった理由

ゴアテックス製のテントを見なくなった理由

X-TERK

山好きなら誰もが知っているゴアテックス。

ゴアテックスを使ってテントを作ったらさぞ良い物ができるのではないだろうか?誰しもが考える期待です。

しかしながら、今現在、ゴアテックス素材のテントは売られてない?

何故だろうか?やはり高価なゴアテックスをテント生地に使うと高くなりすぎてコストが合わないのだろうか??そんな勘ぐりをしているかと思います。

 

★ゴアテックステントは今も存在する!?

実は…少し昔にゴアテックス製のテントは売られていました。

いや、実は今でも売られているのです。

テント用に改良したゴアテックス素材をX-TREKと呼び、名前を変えて販売されています。X-TREKも同じように防水透湿性素材ですので、ゴアテックスと同じ機能を持ちます。基本的には同じ素材が使われています。ただ、テントに求められる耐水・防風・透湿・軽量機能をバランスよく兼ね備えている素材にしています。

ゴアテックスのテントであれば、雨を通さないので、フライの必要が無く、シングルウォールのテントが可能です。現在のシングルウォールテントはX-TREKを使っているものが多いですね。

さて、ゴアテックスでテントを作ることで、さぞ軽量化されるのでは!なんて考えてしまいますが、残念ながらそう簡単には行きません。

純粋にゴアテックス素材だけを使って作れば軽量化は可能かもしれませんが、ゴアテックスむき出しにするのは摩耗や傷・損傷にとても弱いテントになってしまいます。保護が必要になり、ゴアテックスは表面生地と貼り合わせて層構造となっているため、結果的にシングルウォールでありながら、そこそこ重量が出てきてしまいます。最近のダブルウォールテントは軽量ですから、重量はほとんど変わらなくなってきているはずです。

ただ、コンパクトさはやっぱりフライが無い分、メリットが出ます。

 

ゴアテックスのテント。

やっぱり山屋は憧れますね。

 

アウトドア専門撥水加工サービス「ドロップルーフ」 

UPDATE2015.10.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加