家庭でできる!おすすめの撥水加工

家庭でできる!おすすめの撥水加工

撥水力が落ちてきたレインウェア。家庭で簡単に撥水力を回復できたら嬉しいですよね。今回は、簡単にできる撥水性の回復方法に関して説明していきます。間違った撥水加工を行うより、ぜひ正しい撥水加工を行ってください。

 

誤った撥水加工はやめる

さて、簡単にできる撥水加工の代表として、防水スプレーがありますね。防水スプレーの中には、撥水有効成分が入っておりますが、それだけではなく色々な薬剤が混ざってスプレーの薬剤となってます。スプレーの中にはゴアテックスなどの透湿性素材の目詰まりをさせてしまうような成分が入っている場合もあります。なぜそうなるかといえば、防水スプレーはスプレーを吹きかけただけで簡単に撥水成分を衣類に付着させる必要があります。付着はするが、やはり簡単に剥がれてしまう為、接着剤のような成分でより密着性を高めております。じつはこの接着成分。撥水性が効いている場合は良いのですが、撥水性が取れてしまった際には逆に、水を密着させる要因となってしまうため、悪影響となってしまいます。これを除去するには家庭用での洗濯では除去できません。もし、そのような処理を行ってしまった場合はドロップルーフにご相談ください。

家庭で行うおすすめの撥水加工は○○と○○

前述のように、家庭でできる撥水剤は簡単に付着させる反面、悪影響が残ってしまいます。家庭で行って欲しいおすすめの撥水加工は、ずばり洗濯とアイロンです。まずは洗濯、別コラムのゴアテックスウェアの洗濯方法に詳しく説明を行ってますが、洗剤は本当に少しで良いです。でも、すすぎは最大回数で行ってください。洗剤は撥水と逆の作用をしますので、洗剤が残っている悪影響を取り除くことが大切です。汚れの気になるところだけ中性洗剤を付け、洗剤と汚れをもみ洗いして、後は洗剤を加えずに洗濯機洗い行う、そんな程度で十分です。
さて、洗い上がったウェア、陰干し乾燥させた後、最後にアイロンがけを行いましょう。乾燥機をお持ちの方であれば乾燥機で良いです。アイロンがけはウェアに付いているタグを参考にして下さい。これだけで撥水性がある程度回復するはずです。このステップを行っても撥水性に満足が行かない場合は、次のステップに記載してある弾水コーティングで再撥水加工を行ってください。

防水スプレーや撥水剤で処理しても、お金がかかるだけで、撥水性は一時的な回復に過ぎません。撥水加工を行うのであれば、正しい撥水加工を行いましょう。

弾水コーティングでより耐力のある撥水機能をプラス

洗濯とアイロンがけで撥水性が回復しても、またすぐに落ちてしまうような状況になっていたら、再撥水加工を行いましょう。クリーニング店の撥水加工はあくまでクリーニングの付加価値としての撥水処理であるため、その処理方法に決まりはありません。あくまで各店の付加サービスとして、それぞれのやり方で処理を行っています。もちろん、ものすごく撥水性にこだわっているお店もあることでしょう。逆にサービスと割り切って行っているお店もあることでしょう。そんな中でドロップルーフで行う「弾水コーティング」は、アウトドアで使用される撥水ウェアに関して専門的に研究し、開発した技術であり、撥水加工が主たる目的として行われるサービスであることが特徴です。高価なゴアテックスウェアももちろん適合するような撥水加工を行っており、アウトドアウェアに最適な撥水加工です。

撥水持続性をより高めたい場合にも弾水コーティングは有効です。

 

撥水加工専門サービス「ドロップルーフ」

CATEGORY
UPDATE2015.11.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加